ソライエ信州 | フロンティア・スピリット

私たちの取り込みtopics

空き家物件

長野県の空き家は19万4,000戸。全国2番目の空き家率です。(平成25年調べ)
新築マンションの価格は全国で上昇傾向にある中、地方では古い空き家が増加傾向にあり、社会問題となっています。
その一方で地方に移り住み、空き家を購入して自分好みにリノベーションをして暮らすスタイルも増えています。 高価なマンションよりは安く、各自治体の補助金なども利用すれば、空き家を上手く活用して、 理想のライフスタイルを手に入れる事ができます。

そんな「空き家の活用」の一環として、当社では松本市の空き家バンクに物件をご紹介しています。 本記事では物件のご紹介と、購入メリット・デメリットなどご紹介しておりますので、ぜひ参考になさってみてください。

家の購入

空き家物件

家の購入を検討中の方は、どんなところから探せばよいのだろう? と不動産やネットなどから沢山の情報を得て、立地や物件を見ながら検討されているかと思います。
「中古物件」で探すと、わりと新しい立地条件の良い物件が見つかりますが、値段が高いケースが多いです。 「空き家物件」ですと、リーズナブルですが、築年数が大分経過している物件が多いです。

空き家は、その後のリフォームや解体して新築を建てる事を検討している方におすすめしております。

空き家を購入するメリット

購入理由は人それぞれですが、メリットをあげると、
・家の購入が安くすむ
・立地条件が良い

新築を建てるよりはるかに費用を安く抑えることができます。古い物件はさらに破格の値段で買えるケースもあります。 また松本市では「空き家の利活用等補助」という制度を利用すれば リフォームやリノベーション工事の補助金が出ることもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

また元々暮らしていた立地は、良い条件の場所に建てられているケースが多いです。 古い家ほど立地条件が高い可能性があり、駅が近かったりするので、暮らして行くのには便利な物件かもしれません。

空き家を購入するデメリット

もちろんどんな物件でもデメリットはあります。
・購入後も費用が掛かる
・住宅ローン控除を受けづらい

新築より安くすむとは言え、空き家は築年数が経っていることが多いので、傷みも激しく、補修する必要になる場合があります。 大型工事ともなれば、費用が高くついてしまうこともあるでしょう。

また、住宅ローン控除は、戸建ての場合築20年以内の物件でなければなりません。
住宅ローン控除とは、ローンを借り入れした際に、一定期間は所得税が還付される制度です。 保険に加入したり耐震基準適合証明書を取得したりすれば、 住宅ローン控除を受けることができる場合もあります。 また大型リフォームをすれば家の価値が上がり、固定資産税が上がる場合もあるので注意が必要です。
詳しくは当社でも相談承りますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

空き家紹介

今後、増え続けると予想される空き家。
そんな空き家を上手く活用できるように、当社では空き家専門不動産を展開しております。

空き家の購入をお考えの方だけではなく、売買、賃貸、解体をご検討の方、 また、いずれは実家に住みたいという方には、「空き家の管理」と言う選択もご用意しております。

空き家の管理

空き家で何かお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談くださいませ。
読んでいただきありがとうございました。

2021.12.08 Posted by Frontier Spirit. PM2:52│